2020.01.31

面接での心得PART2

 

こんにちは。ナイタツサロンの早川です。

 

 

今回も、引き続き僕が面接で意識していたことについて話していきたいと思います。

 

 

その③、面接官になった気持ちで面接する

これはどういうことかというと、前提として面接官の方は当たり前ですが人ですよね。

要するに、自分が面接官だったら自分という人間と一緒に働きたいかを考えるということです。

企業によって、求める人材像が違いますが「この人だったら活躍してくれそうか。将来的に会社に利益をもたらしてくれる人物か。」と思ってもらえるかが大事だと思います。

 

 

人事・面接官目線を意識すると、自分を俯瞰してみることができるので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

それでは面接頑張って下さい!