東北学院大学 教養学部

一緒に働く人を1番重視していた

  • 2020
  • 教育業界内定

就活データ

大学:東北学院大学
学部・学科:教養学部言語文化学科
出身:宮城県塩釜市
内定先:教育業界
エントリーした業界:教育・住宅
就活をしていたエリア:仙台
合同説明会、イベント:10回以上
インターンシップ参加:6社
会社説明会参加:10社
面接:6社
内定:1社
活動費用:約7万円(内訳:交通費 食費 スーツ)

就活をする上で大切にしていたことを教えてください

どんな仕事をするかよりもどんな人と一緒に働くかを1番重視していた。仕事内容は経験に応じて変化するものだが、一緒に働く人はそう簡単には変わらない。だからこそその企業で働く人はどんな人なのか、自分の性格と合う人なのかをインターンや座談会などを通して見極めていた。また、企業の説明を聞いて楽しそうと思えるかどうかや就活の軸とその企業が合致しているかどうかなども重視していた。

今の内定先に決めた【決め手】を教えてください

人事の方以外の社員さんと話せる機会が選考を受けていた企業の中で1番多く、その会社で働く人の雰囲気を肌で感じることができ、企業理念にも共感できたから。また、最終面接で社長とお話しさせていただいた時にこの人の下で働きたいと思えたから。他には、大学での専攻が入社後に大いに活かせる事業があったことも決め手だった。

どんな社会人になりたいですか

自分の現状に満足しないハングリー精神と新しいことや出来ないことに挑戦するチャレンジ精神を持って自己成長し続けられるような社会人、周りに良い影響を与えられるような笑顔と素直さ、ポジティブな考え方を持って自分自身が楽しんで仕事に取り組んでいる社会人、自分の能力を高めて会社に貢献できる社会人になりたいと思っている。

LC-camp、プレミアムシューカツ、面接講座、ES講座などナイタツサロンとの関わりから学んだこと、やってよかったことを教えてください

大学のキャリア支援室では教わらなかったことを知れたこと。また、いろんな人と話せる機会があったため、自分にはない考え方に触れたり自分の考えをアウトプットすることができ、自分の考えがブラッシュアップされていったこと。同じ就活生の人脈が広がり情報交換し合えたこと。19卒の先輩と話すことができてリアルな就活体験談を聞けたこと。

就活生へアドバイスをどうぞ!

就活に正解はありません。企業の選び方も人それぞれです。その中で自分にとっての正解を見つけるために、様々な人と話して多様な考え方に触れたり自分の考えを言語化してみることで見えてくるものがきっとあるはずです。あとは能動的に行動し続けてください。皆さんの就活が成功することを願っています!